2017-2018年の4期目が終わりました

はやいもので、株式会社グリーンライト、4期目が終了しました。8月末が締めですのでもう1か月くらい経過してますが、簡単に振り返りと5期目の方向性について書いてみます。

4期目の振り返り

前回の期末記事で掲げた数字の目標はなんとかクリアすることができました。全体として、そういう意味では満足な結果です。それぞれ事業ごとに振り返ってみます。

賃貸・旅館業について

4期目もいくつか物件の出入りが続き、

  • 市原市戸建て売却
  • 横浜市区分購入
  • 八千代市新築

と動きがありました。

市原の戸建てについては、もともと購入時から住まわれていた方からの打診が入り、長い交渉の末売却しました。もう少し持っている予定でしたが直接交渉ということもあり、自信をもって他社に売れる物件でもありませんでしたので金額面だけ相談させてもらい成立しました。オーナーチェンジでも色々なケースがあるのだなととても勉強になった物件でした。

横浜市の区分マンションもオーナーチェンジでしたが、これはざっくり相場の半値で購入。本業のコネクションから来た弁護士ルートの物件で、どう考えても格安だったので購入しました。情報を頂いて即決断、月内に売買契約と決済を同時に済ませ、いまだにモノを見にいったことがないという物件です。

3つ目新築物件ですが、これはなかなかやりがいのある物件で、土地から仕込んで新築を建築。自社集客で竣工前にシェアハウスが満室になるという面白い物件でした。同業者に向けてコンセプトを打ち出しての集客で、蓋を開けるまでは不安もありましたが。終わってみればやって良かったですね。自分自身が住みたいと思える物件を作ることができました。

その他、既存の物件は問題なく運営が続いています。シェアハウス、一般賃貸、簡易宿泊所とやってきましたが、案外一番手離れが良いのが簡易宿泊所をリモートで運営することかなと感じてます。3期目は完全に丸投げのスタイルでやっていた簡易宿泊所ですが、4期目は管理集客、掃除や備品補充などそれぞれを直接発注で分担する形が整いました。これが驚くほどにハマってます。

退去、原状回復、客付け、AD、挨拶周り、このあたりの概念が一切なく、しかも一般賃貸より高収益で回るなら多少のリスクをとっても選択肢に入れて良いかなという印象です。もちろんインバウンド需要がどこかで下降線に入る可能性もありますが、その時は普通賃貸でも潰しが効くので。

金融機関さんとは何行かお付き合い頂けるところが増えたので、引き続きチャンスを狙っていきたいです。

ウェブ事業について

ウェブ事業についてはリスティング広告に手を出したり、新サイトに注力したりと色々右往左往しました。結局は一番売上の太いサイトに全力投球していた方が良かったのかもしれません。もちろん経験にはなったし無駄なことではなかったと思いますが。

色々やってみて、一番得意なのはある程度の規模感を面で取っていくようなサイト作りでした。2017年の12月から今年の8月にかけて各ジャンルでGoogleのアルゴリズム変動が来ていますが、今のところ大打撃を受けることなく微増を続けることができています。

5期目は譲渡した以外のメディアをコツコツ成長させていけるようにまたやっていきます。

5期目の目標

目標というか、方向性として固まってきたのが、

  • 同業や起業家支援
  • 賃貸業
  • 旅館業
  • 地域ビジネス

この辺をメインに、またはそれにつながる事業をやっていきたいなと思います。まだまだ先を見ながらですが、そのために整理するものはしていきたいです。

数字として具体的には、やっぱり今年も年商1億!と行きたいけどしんどいですね・・・。売上の目標は現実的なところで7,000万。今一番注力している不動産サイトで月間30万PVを目指して、法律系の既存メディアは3~5倍くらいの売上規模を目指していきます。

不動産の方では、今交渉中の物件を無事に購入して満室にするところまで行きたいですね。少し大きめでレジではないので楽しみです。

ではまた来年。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です